つゆ

静かな雨で夜が明けた。ばあ様が、杖で、寝ている足をたたくので、起き上がった。デイサービスに行くつもりで、今日は、暑くなるか?寒くなるか?と言いながら、何回も着替えをやりなおした。その間中、そばにいて、手伝うのである。出発一時間前になって、テレビをみていたばあ様は言った。今日は、雨の降るせん行かんよ!と。好きな様にせろ、と、言うしか無かった。 




ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?