炊事場に屋根を付ける。

雨や風、雪に見舞われながらの炊事が夏から冬を超え夏になろうとしている。
春になってから、雨に濡れ、風邪を引く事態となり、外炊事場に屋根をつける
事とした。遠い昔の教え子の左官に依頼した。
図面ばようとかいときない!と言うのでそうする事にして、事前に渡しておいた。昨日は雨で休みであった。
左官5日目、昨日はちょっとだけ様子を見に来た、と、言った。
ばあ様も、じい様も今日は病院で、採血検査を受ける。ばあ様は、英二と10時に出発、じい様は、左官さんに、10時のおやつを出して
からの出発となる。
採血検査の結果は、プレドニンを0.2mg減らす、と言う診断、処方箋となった。
待ち合い時間、中津良の本田さんが語りかけてきた、そして家のお父さんは、インシュリンを打つ様になった、と寂しそうに話した。
左官さんは、外回りの壁を半分張り終えた。事前に設計図を書いたので追加の注文は、殆ど無い。

ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?