糀の仕込み

昼過ぎから雨になり、気がついたら洗濯物は濡れていた。
午前中大釜に湯を沸かし、三段の蒸籠で米を蒸し、糀菌をまぶして
発酵室に入れた所で、昼になった。昼飯後、残りの三段を蒸して、
都合22キロの米糀を仕込んだ。後始末を終えて帰ったのは3時を
回っていた。雨に濡れながら、夕飯の準備をしたが、おかずは
むきあさり、の入ったシチュウにした。もう一品は、手でむしった
レタスにヨウグルトと、醤油糀を混ぜた(たれ)を出した。
なぜか、食後の満足感があった。


ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?