春よ来い。

風は冷たかったが、よい天気であった。除草剤をかけて、インゲン豆の
種を蒔いた。モクレンの花が咲き始めたから、もうすぐ暖かい春になる
と、思われる。豆が暖かくなって芽を出す頃は、除草剤のかかった草は
枯れている頃である。勝手に育つが良い。一種の不耕作栽培の試みである。
どう育つかは、自然にまかせる。歳を取って体力が落ちてきたから、できる
だけ体力を温存したい。
自転車に乗って、田圃に植えていたタマネギを見に行ったら、全滅していた。
正月前の冷たい日に、やっとの思いで植えたのだが、それから、一度も見に
行ってなかったので、なぜ無くなったのかは判らない。今年はジャガとタマ
ネギは、買って食べることになる。百姓にもこんな失敗があるのである。
  



ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?