イノシシとの付き合い



今日は天気がよかったにもかかわらず、洗濯物はなかった。チェーンソウ
の目立てをして、少しだけ、池の周りを掃除して、竹や木切れを燃やした。
ちょっとの事できれいに見える。枯れ葉と樫の実が落ちてイノシシが時々
出てくるのである。ミミズを探しているのか、ぬた場が好きなのか判らん
が、その辺をほじくりまわして行く。自分の生活スタイルと何のかかわりも
無い人は、動物保護や、動物愛護を唱えていれば良いが、日々、財産が
侵害されて居る者にとっては、奇麗ごとの念仏では済まされない。
池の周りを刈り払い、枯れた所を焼き払うのは、イノシシの隠れ場をなくす
るためだけの、労働である。町中にイノシシが出たからと言って、警察だの
消防だのと騒ぐのはこっけいである。田舎では、イノシシにジャガやサツマ
イモを食い荒らされても、誰も騒がない。無論ニュースにはならない。



ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?