稲の出穂

本格的な出穂が始まった。
出穂期日は稲作にとって大切な期日である。
出穂期を基準にして農作業がすすめられる。
その最大のイベントは出穂三週間前に追い肥をやることである。
それより早ければ無効分けつになり、遅ければ穂数がのびない。
肥料少なめで強い根を育て、追い肥で強い茎と籾粒のたくさん付いた長い穂を作る事にある。
実肥えは穂が出てからやるので、やりづらい。
多くの場合、見送る事になる。
いつ出穂を迎えるかによって、種まきの期日と田植えの期日がきまる。
あとは水の駆け引きが日々の主な仕事の稲作である。
残るは台風とイノシシ対策である。
ウーン!。


ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

Log in with your credentials

Forgot your details?