朝の行を住ませて、8時には佐世保に向けて出発した。
黒髪の初盆参拝を一日早く済ませる為の算段である。
視力が弱くなっているので多少びびってしまう気もあったが何食わぬ顔をして出かけた。
高速を利用して1時間50分で到着した。
88歳のばあ様は元気であった。
六十何年も前の事を昨日の事のように語り合い時を過ごした。
昼すぎて六十五歳になった息子夫婦と七十歳になった教え子の夫婦がやって来てまた話が弾んだ。
話題は半世紀を越える昔の思い出だった。
共通の思い出を語り合う事は楽しく、幸せなひとときを過ごした。
帰り際、みんな外に出て来て見えなくなるまで手を振ってくれていた。
今日の事が天国まで届けば良いのだが。


©2019 鬼のつぶやき https://kawamura.from.tv

ご連絡はこちらへ

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?