ウグイスが鳴いた。


目が覚めたらうぐいすが鳴いていた、梅雨の晴れ間で洗濯物が乾きそうなてんきであった。
朝のつとめを終えて田んぼを見回り、野菜畑に行った。
茄子が花をつけていくらかの小さな実をつけていた。
殺虫剤を少し撒いて進むと三個程なっていたお茶碗位のスイカがラスにやられていてがっかりした。
カラスから見れば発見した物は菜食するのが自然の決まりなのだろう。
対策をとらなかった自分が悪いと言い聞かせた。
その横に植えていたキュウリから、花が落ちて親指位になったいぼいぼの多い実を持ち帰り、醤油糀を塗り付けて昼飯にした。
ぽりポリと音がして絶妙な味だった。

2013年7月1日月曜日

ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき

Log in with your credentials

Forgot your details?