非日常から

炊事洗濯風呂掃除、ゴミ捨てに稲の苗に水をかける、年を取るとやらなければならない事がおおくなった。
若い頃は出された食べ物をただ 黙って食べてしまうだけだった。
美味いともまずいとも言わず、食材にも調味料にもまったく関心がなかった。
今にして思えば せっかく腕によりをかけて作った料理に、一声掛けてもらいたかっただろう つれあいの気持ちに申し訳なく思う。
魚を釣って来たらクーラーごと渡すと さしみになったり 干物になったりして食膳にのるのを昨日の続きの今日のように、当たり前だと感じていた。
そんな日々が続いて、この春金婚式を迎えた。
五十年経ったら、当たり前の事が当たり前でなくなった。
連れ合いが病になりうごけなくなった。
このときから 当たり前でない事が日常化された。
エンドウ豆の入った飯が食いたい、入れる食塩の分量と豆を入れるタイミングが判らない。
漬け物を作る時 野菜に加える塩の量と期間が判らない。
ありがたい事に病とはいえ 頭と口の回転はなめらかだ。
やり方を教わりながら台所まわりをうろちょろする。
味噌汁が美味いとほめられて、嬉しくなってる自分を発見して、驚くこともある。
外で食事をしたら その食材と調味料、料理法等に気をめぐらして居る事がくせになってきた。
耄碌してしまうまでは 進化を続ける能力が人間にはあるのかもしれない。
毎日ヨーグルトを作り 甘酒と混ぜて湯飲み一杯飲み続けて一年有半、朝の日課となった。

   2013年5月21日火曜日

ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき

Log in with your credentials

Forgot your details?