赤嵌楼(せっかんろう)の女

団体さんで台南の地に遊んだ
鄭成功の記録を読み
先頭におくれながら
相棒と急いだ

門の近くで
二人の老婦人と目が合った
鬼は歩きながら頭を下げ
お世話になりました
ありがとうございます
そう言って通り過ぎようとした

二人の老女は
直立不動の姿勢をとり
頭をふかぶかと下げた
鬼の足は釘付けになった

二人は声をそろえ
ようこそ台南の地へおいでくださいました
また 機会がありましたら お立ち寄りください
そう言って 最敬礼をした

なんと言う美しい日本語と仕草だろう
鬼はそう思いながら
軽く頭を下げ
おすこやかにおすごしください
そう言って歩を早めた

子供の頃 最敬礼はやらされたが
されたのは 初めてだ
年はいくつぐらいだろうね
相棒が そう言うので
大正の終わりか
昭和の始めの生まれだろう

鬼がそう言うと
相棒は うなづきながら
一段と歩を早めた

ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき

Log in with your credentials

Forgot your details?