ドリアン


魚のはらわたが
腐れきったような
どぎつい匂を放つ

夏みかんの
いがいがみたいな球菓
それは果物の王

女房を質に入れても
それを食いたいと言う

さわやかなクリームの甘さが
いつまでも
口一杯に広がる

世界のどこかに
これほどの銘菓を作る職人が
わづか一人でも見つかるだろうか

熱いモンスーンに
マンゴスチンと共に育つ
ドリアン

ご連絡はこちらへ

Sending

©2019 鬼のつぶやき

Log in with your credentials

Forgot your details?